発熱の口コミ | 新宿駅前クリニック内科の口コミ評判まとめ

HOME » 発熱 » 発熱の口コミ

発熱の口コミ

ゆみりんさん 50代 女性
朝起きると急に、何か体がだるい。でも、なぜなのか、わからない。そして、食欲もない。
とにかく、気分が悪くて、ふらふらするし、頭がクラクラするような感じもあり、辛くて、体温計で熱を測ると、38.2度の熱がありました。
「食欲はなくても、水分だけは取った方がいいよ」と母に言われ、熱いお茶を飲んで、そのまま、横になっていました。
布団に横になっていると、なんか体が熱いような感じがして、また、熱を測ると、39.3度の高熱が出ていました。
「だめだ。じっとしてても、熱は下がらない」そう思って、ふらふらしながら、近所の病院に駆け込みました。

病院に行こうと、外に出ると、異様なほどの寒気がして、頭がふらふらして吐き気もありました。
そんな状態で、病院に行くと、看護師さんから、「もう一度、熱を測ってください」 と促され、もう一度熱を測ると、やっぱり39.3度。
しんどい中、 診察の順番が来るまで、30分くらい待っていました。
しんどいので、30分がすごく長く感じて、「早く診てほしい。早く楽にしてほしい」そう思いながら、待合室で待っていました。 
診察室に入ると、熱が高いということで、すぐに、解熱剤の点滴を受けました。
すると、熱が徐々に下がって、ずいぶん楽になりました。
診察の時、先生は、熱が高いので、解熱剤と鎮痛剤、菌を殺す抗生物質を出しておくので、水分補給だけは、しっかりしてください」とおっしゃっていました。
先生に処方していただいた薬を飲んだら、翌日は、熱も下がり、すごく楽になりました。
病院の薬って、こんなにも、よく効くもんなんだなと、私は、感心しました。

かなさん 30代 女性

仕事が多忙で家事も忙しく、疲れがたまっているのに睡眠不足だったときに急に夜中に38度の発熱が出ました。
寒気が少ししましたが、頭痛や喉の痛み、鼻水はそんなに酷くはないので薬は特に飲まずに一晩寝ることにしました。
朝になり熱が自然と下がるのを期待していましたが、体温計で測ると37度後半はありました。
その日はたまたま仕事が休みだったので、早く治したいという思いもあり病院にかかろうと決め、内科に診察に行きました。

春先で暖かくなったこともあり、患者さんも少なくてすぐに診察を受けることができました。
問診のあとに喉の状態や、胸の音を聞いてもらい、結果は喉は少し赤いもののそんなに酷い状態ではなく胸の音も異常なしでした。
発熱はきっと疲れがたまっていたせいで軽い風邪にかかったのだろう、とのことでした。
薬は解熱剤と二次感染防止の意味もこめて抗生物質のメイアクトがでました。症状が治っても、耐性菌ができないようにするために、抗生物質は必ず飲みきるようにと注意がありました。
つい薬を途中でやめてしまうこともありので、抗生物質は飲み忘れないように気をつけようと思いました。
薬を飲み、食事も野菜中心に栄養があるものを積極的に食べ、睡眠をしっかりとるようにすると2日ほどで平熱に戻りました。