頭痛の口コミ:ストレスや睡眠の質が大切 | 新宿駅前クリニック内科の口コミ評判まとめ

HOME » 頭痛 » 頭痛の口コミ:ストレスや睡眠の質が大切

頭痛の口コミ:ストレスや睡眠の質が大切

なんだかなぁさん 30代 男性

ある日、朝目覚めた瞬間から頭痛がきて、布団から起き上がれないほどでした。
布団の中でしばらくうずくもっていたのですが、痛さがなかなか治まらず、顔に脂汗まで出てきました。
「これはなにかの病気になった」と思って、病院に行こうと立ち上がろうとしたのですが、立ち上がる力すらなかったので、スマホで救急車を呼びました。

救急車の中で症状を説明して、病院へ運んでもらいました。そこで医者に診察を受けることになりました。

医師に診断を受けた結果は「緊張型頭痛」でした。自分の仕事はデスクワークで長時間パソコンの前で座っています。
医師いわく、緊張型頭痛らデスクワークをしている人に多い症状だそうで、頭を締め付けられるような鈍感が頭の全体に広がります。
初めは後頭部の方から痛みが走り、次第に頭全体に広がるそうで、思い起こせば自分もそうだったと感じました。

医師には頭痛薬を処方してもらったのですが、緊張型頭痛の対策として「就寝の仕方を変える」ことや「軽くでもいいから運動をする」こと、「マッサージなどで筋肉をほぐす」ことを言われました。それから毎日言われた3つのことをするようになってからは、頭痛がしなくなりました。
ちなみに「就寝の仕方を変える」というのは自分の場合、枕の高さを低くし、今まで豆電気をつけていたのを電気を消して寝るようにしました。

薬だけでなく、対策を教えてもらって頭痛がなくなったので、たいへん喜んでいます。

キクスケさん 30代 男性

以前に強い頭痛に襲われたことがあります。
ある日突然、視界の中央がギラギラ輝き出し始めたことがありました。
時間と共にその範囲が徐々に広がり、視界の半分が非常に見えにくい状態となってしまったのですが、30分程でスッと視界は回復しました。
しかし、今度は片頭痛の様な痛みが頭に走り、長時間続いた上に気分もすぐれません。
今まで経験したことのない症状に、これは何かがおかしいと思ったので、急いで内科を受診しました。

まず自宅近くの内科の先生に症状を伝えました。
すると眼科に行くように指示され、診断結果は眼精疲労に伴う頭痛と視覚障害のと結果でした。

だた、ちょっと疑心暗鬼だったこともあり、数日後に別の病院の内科を受診。
症状を説明した結果、「閃輝暗点」だろうという結果になりました。
医師から説明を聞いたり、ネットで調べたりした結果、私が経験した症状と完全に一致していました。

頭痛がない視覚障害の場合は脳の病気や障害があるとの話でしたが、とりあえず頭痛がちゃんと来る場合は大きな心配は無いとのことです。
原因はストレスや睡眠不足から来るとの事なので、その点を注意して生活するように言われました。
一応痛み止めを貰い、その日の診断を終えました。
生活改善をした結果、今のとこと症状は抑えられています。
最初の病院の医師では見抜けなかった症状を、2件目の病院の医師は見抜いてくれました。
レアな症状でしたが、病状を見抜いてくれたその医師に感謝です。