糖尿病の口コミ:両親に糖尿病の人がいた場合注意 | 新宿駅前クリニック内科の口コミ評判まとめ

HOME » 糖尿病 » 糖尿病の口コミ:両親に糖尿病の人がいた場合注意

糖尿病の口コミ:両親に糖尿病の人がいた場合注意

あかりさん 40代 女性
夏でもないのにやたらとのどが渇く、そんなに動いていないのに疲れて仕方がないので病院に行ったら、すぐ糖尿病だといわれました。
念のためネットで調べていったのでそうだとは思いましたが、やはり診断が下るとショックでした。
お酒も飲まないし、体系も太っていないのに、どうして私がという思いでいっぱいになり落ち込む毎日でした。
しかし、食事療法でまずは様子をみましょうということでとりあえず安心して帰ってきたことを覚えています。

大きな原因は見当たらないけど、もしかしたら体質的なものだったのかも、ということで、一緒にがんばりましょうと励ましてもらいました。
看護師さんや食事管理をしてくれる栄養士の先生にしっかり指導していただき、毎日生活しています。いまのところ、薬も体質にあうものがあり、自分では頑張っているつもりなので、数値は落ち着いています。
これから症状がすすんで透析になったり、足や目に影響がでないように努力するのみです。
幸い、病院も近くすぐに具合が悪くなるとみてもらえるので安心しています。

糖尿病は気づいたら病気になっていたということが多いということを聞きました。
何をどうすればよかったのかはわかりませんが前向きに頑張りたいと思います。

DMさん 30代 男性

家族の中で、父親が糖尿病で、体は太っていないのですが、血糖値が高く、近くの病院で薬物療法を受けています。
その病院の先生が、糖尿病は遺伝的な要素もある。っと言われたらしく、父親が一度受診してみたらどうだ?っと言われたので、それから糖尿病のことについて、調べるようになりました。
私は夜中にお腹がすいたら、甘いものを食べるのが習慣でしたし、おしっこに行った時に、泡があまり、消えずに残っていました。
ネットで、糖尿病はおしっこの泡が消えにくいっとの事ごあげられたので、受診しました。

病院に行くと、看護師さんから、アナムネを聴取されました。
今の体の具合だったり、既往だったりを細かく記入しました。当然、父親が糖尿病であることも記入しました。
そのあと、看護師さんから、おしっこを採るように言われて、病院の検査トイレでおしっこを採り、コップをトイレ内の窓口に提出しました。
それが終わると、食事をとったかどうかを聞かれました。
当然ネットで調べていましたので、何も食べていませんでしたし、糖質の入っている飲み物も摂取していませんでした。
食事を摂取していないことを伝えると、採血検査をするように言われて、検査室で採血を行いました。採血後、40分くらいして、診察室に呼ばれ、血液検査とおしっこの検査データを見せられて、血糖値がやや高いことを指摘されました。
おしっこからは糖質はまだ出ていないとの事でした。