診療時間・アクセス 新宿駅前クリニック内科 | 新宿駅前クリニック内科の口コミ評判まとめ

診療時間・アクセス 新宿駅前クリニック内科

利用しやすい内科として新宿で評判なのが新宿駅前クリニックです。
評判になるだけあって、こちらには非常に多くの口コミも寄せられています。

その内容もこちらの病院を利用してよかったというものが多く、新宿エリアでもレビューのいい病院として知られています。
まだ利用したことがない方にもおすすめの病院ですよ。

診療時間

利用するときに大事なのが診療時間やアクセスですよね。
まず診療時間ですが、こちらは午前から午後の始めにかけての診察と、昼以降から夕方にかけてまでの2回の診察時間に分かれています。
午前から始まる診療時間が10:00~14:00まで。
昼以降からの診療時間が15:30~19:00までとなっています。
どちらの時間に受診してもOKですが、空いていることが多いのは11:00~13:45までの時間帯になります。
この時間帯ならほとんど待たされることなく診察を受けられることが多いですから、時間がない方には特におすすめですね。

もちろん午後の時間でも受付時間内に来院できれば診察を受けられます。
受付は各診療時間の終了の15分前までとなります。
この診療時間については、夕方の遅くまで受付をやっている点がありがたいといった口コミが多いですね。
受付時間に間に合うか不安なときも、思い切って来院を考えてみるといいですよ。

なお、初診の方だけは受付は18:00までとなります。
このときは夕方の締め切り時間が少し早まる形になりますから、注意してください。
診察を受けられる曜日は、平日となります。
土日祝日は休診になりますから、平日のどこかで受診を考えてください。
予約は不要です。

アクセス

診療時間はこのようになっていますが、そもそも新宿駅前クリニックはどこにあるのでしょうか?
おおまかな位置はその病院の名前の通り、新宿駅からすぐのところにあります。
駅からのアクセスは非常にいいですから、初めて行くときは新宿駅をアクセスのスタート地点にするといいですよ。

この病院に行きやすいのは、新宿駅の西口出口になります。
ここで大きな目印になるのが、西口の目の前にある大手家電量販店です。
駅の目の前にもありますし、大きな看板も出ていますから、比較的わかりやすい目印になります。
この大手家電量販店の裏にあるビルの3階に新宿駅前クリニックが入っていますから、この家電量販店の店舗の裏へと回り込むように移動してください。

そのアクセスですが、まずこの大手家電量販店の隣には大手保険会社のビルがあると思います。
新宿駅前クリニックに行くには、この2つの建物の間の道を抜けていってください。
しばらくこの道を進むと、左手に大手コーヒーショップが見えてきます。
そのコーヒーショップのところに左折する道がありますから、そこを曲がってまた進みます。
しばらく進むと大手のコンビニチェーンが見えてきますが、このビルが新宿駅前クリニックの入っているビルになりますので、ほぼ到着です。
このコンビニの隣にビルへの入り口がありますから、こちらから中に入り、エレベーターで3階に上がってください。
これで新宿駅前クリニックでの診察を受けられます。

この病院単体でビルなどは建っていませんから、少しわかりにくいと思うかもしれません。
しかしアクセスにかかる時間は徒歩で1分ほどとなっていますから、新宿駅からは非常に近い病院です。
実際の口コミなどを見ても、駅から行きやすくて助かるといった声が多いです。
なお、道がわからなくなったら、病院の方で案内もしてくれます。
来院する途中でよくわからなくなったら、気軽に病院まで連絡して聞いてみるといいでしょう。

このように新宿駅前クリニックは新宿駅からすぐのところにある病院です。
診療時間も比較的長いですし、利用者の口コミの評判もいい病院ですから、このエリアで内科を探しているときには非常におすすめです。

新着情報

花粉症の口コミ:花粉症の症状は薬で改善されました

akamine5さん 20代 男性

私は社会人になってから3月から5月のスギ花粉の時期になると、花がむずむずしてきて花粉症の症状が出てくるようになりました。
しかし、仕事が忙しくてなかなか病院を受診する機会がなかったので、市販の花粉症に対するスプレー薬でなんとか対処してきました。
2回目のスギ花粉の時期に来ると、鼻だけではなく、目や耳まで痒くなってきて市販の薬では対処できなくなってきたので、近くの皮膚科のある総合病院を受診することにしました。

総合病院へ行き、皮膚科の先生の診察の際に症状や発現時期などの説明しました。
何らかのアレルギー症状であることは間違いないが、何に対するアレルギーが調べる必要があるとのことで、アレルギー検査を受けることになりました。
後日、検査結果を聞きに行くと、スギ花粉だけでなく、ヒノキ科とイネ科の花粉に対してもアレルギー反応があるとのことでした。
そして、皮膚科の先生からアレルギーを抑える飲み薬と炎症を抑えるステロイドの点鼻薬を処方してもらいました。
現在でも花粉の季節になると皮膚科を受診して、抗アレルギー薬の飲み薬とステロイドの点鼻薬を処方してもらっています。
薬を続けているおかげで花粉症の症状はほとんどなく生活できています。
≫ 『花粉症の口コミ:花粉症の症状は薬で改善されました』

高血圧の口コミ

ふじおさん 40代 男性
4年前の健康診断で高い数値が出てしまいました。
上が210で下が140なので自分でも怖くなり、近所の病院に行きました。
この数字だと、いつ死んでもおかしくないと言われてしまい通院することになりました。
元々、高かったので体が慣れていて耐えられていたそうです。
血圧が高いと、肩こりや偏頭痛など併発してしまうので、血圧を下げる薬をもらいました。
血管を柔らかくして、張りつめた血管を太くして血流を良くする働きがあります。

月1回通い、薬をもらいます。
一日一錠、血圧が上昇する朝飲みます。
眠っている間は、誰でも血圧は下がっているので飲む必要はありません。
薬の効果は、約2週間くらいで現れてきて、標準の数値まで戻ります。
飲み忘れや、薬を飲むのを止めると、されに悪化させてしまうので、飲み続けることが大事です。
4年間病院に通っていますが、薬を飲んでから血圧が安定していて、肩こりも偏頭痛もなくなりました。
肩こりに悩まされていたので、原因が血圧にあるとは思いませんでした。
血圧は体重に比例するので、体重を落とすと血圧も下がります。
薬を飲んでいる期間に、体重を下げることをお勧めします。
太っていると、いろいろな病気になりやすいそうです。

≫ 『高血圧の口コミ』

発熱の口コミ

ゆみりんさん 50代 女性
朝起きると急に、何か体がだるい。でも、なぜなのか、わからない。そして、食欲もない。
とにかく、気分が悪くて、ふらふらするし、頭がクラクラするような感じもあり、辛くて、体温計で熱を測ると、38.2度の熱がありました。
「食欲はなくても、水分だけは取った方がいいよ」と母に言われ、熱いお茶を飲んで、そのまま、横になっていました。
布団に横になっていると、なんか体が熱いような感じがして、また、熱を測ると、39.3度の高熱が出ていました。
「だめだ。じっとしてても、熱は下がらない」そう思って、ふらふらしながら、近所の病院に駆け込みました。

病院に行こうと、外に出ると、異様なほどの寒気がして、頭がふらふらして吐き気もありました。
そんな状態で、病院に行くと、看護師さんから、「もう一度、熱を測ってください」 と促され、もう一度熱を測ると、やっぱり39.3度。
しんどい中、 診察の順番が来るまで、30分くらい待っていました。
しんどいので、30分がすごく長く感じて、「早く診てほしい。早く楽にしてほしい」そう思いながら、待合室で待っていました。 
診察室に入ると、熱が高いということで、すぐに、解熱剤の点滴を受けました。
すると、熱が徐々に下がって、ずいぶん楽になりました。
診察の時、先生は、熱が高いので、解熱剤と鎮痛剤、菌を殺す抗生物質を出しておくので、水分補給だけは、しっかりしてください」とおっしゃっていました。
先生に処方していただいた薬を飲んだら、翌日は、熱も下がり、すごく楽になりました。
病院の薬って、こんなにも、よく効くもんなんだなと、私は、感心しました。

≫ 『発熱の口コミ』

頭痛の口コミ

すみれさん 30代 女性

普段から慢性的な肩こりがあり、それに伴い頭が重いような症状もたまに起こることがありました。
しかし30代に入ってから、季節の変わり目や台風前、梅雨の雨の降る時期になるといつもと違う頭重感や頭の痛みがでてくるようになりました。
はじめはストレスや体質だろうと考えていたのですが、頭という重大な場所だし不快な症状なのでとても心配になり、一度MRIをとって調べてもらおうと脳神経外科に診察を受けに行くことにしました。

脳神経外科で問診を受け、頭痛もあることから一応MRIを受けることになりました。
MRIの結果は特に異常はなく、不快な頭重感や頭痛は自律神経の乱れやストレス、寒暖差や気圧の変化に身体が過敏に反応してしまっているのだろうという診断でした。
自律神経を整えるためには規則正しい生活や食事など日々の暮らしの積み重ねが大事だというアドバイスをしていただきました。
気圧の変化には自分ではなかなか対応できず、頭痛で外に出るのもつらいときがあることを先生に伝えると、軽い抗不安薬と、ロキソニンを処方していただけることになりました。
市販薬のロキソニンSと同じかと思いましたが、薬剤師の人から効きが違うから処方薬のほうがよいと言われたので痛むときには飲むようにしています。

≫ 『頭痛の口コミ』

副鼻腔炎の口コミ

としさん 40代 男性
季節の変わり目や疲れが溜まっている時やストレスが溜まっている時に、体の抵抗力が落ちている時に、両方の頬のところが痛くなり、濁ったような黄色の鼻水が出るといった症状が長年続いていました。
特に何もしなくても自然とその症状が治まることが多かったので、特に病院へはかかることなく過ごしていました。
仕事が忙しくて毎日残業が続いた時に、急に右の頬が腫れてしまいました。
痛みも右の頬に出てしまい、熱も出てしまったために、病院を受診しました。

病院へ行って、診察を受けた時に、かなり右の頬の腫れがひどかったので、レントゲン写真とCTを撮影して、詳しく検査をしました。
検査の結果、右の頬の裏側にある上顎洞という骨の空洞部分にかなり膿が溜まっているとのことでした。
また、右だけではなく左の上顎洞にも膿が溜まっていると先生から言われました。
さらに採血の結果、炎症を示す数値がけっこう高かったので、抗生剤の点滴を数日間することになりました。
抗生剤の点滴を受けてからは、頬の腫れも引いていき、熱も下がりました。
先生からは、仕事のしすぎで体に負荷がかかったために、免疫力がかなり低下していた結果、もともとあった副鼻腔炎が急激に悪化した可能性が高いと言われました。
診察を担当してくれた先生や看護士さんは、みんな優しかったです。

≫ 『副鼻腔炎の口コミ』